INTRODUCTION

あなたが日常で交わす何気ない会話や人のウワサ話、人間関係における秘められた羨望、嫉妬、見栄、駆け引き。無意識に積み重ねられる愚行の数々には、観る者自身の生き方が問われ、極限まで人間性が試される。決して先を読むことのできない展開に、仕掛けられた3度の衝撃。誰が真の被害者で誰が加害者なのか?SNSに翻弄され、本音が見えない現代社会に一石を投じる未だかつてない戦慄の群像ミステリーが誕生した!

ミステリー文学界の魔術師・貫井徳郎による第135回直木賞候補作「愚行録」の映画化に、妻夫木聡、
満島ひかりをはじめ、小出恵介、臼田あさ美、
市川由衣、松本若菜、中村倫也、眞島秀和、
濱田マリ、平田満ら日本映画界を牽引する豪華実力派俳優が集結。
日本から唯一の長編実写作品として第73回ベネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門で正式上映されるなど、鮮烈な長編映画監督デビューを果たした石川慶。原作者自ら、映像化不可能と言わしめた著作を脚本家・向井康介が巧みに構成し、ポーランドの撮影監督ピオトル・ニエミイスキが圧倒的な映像美と構図を織りなす。
そして、気鋭の作曲家・大間々昂の流暢な音楽が作品に繊細な抑揚を創りだした。
日本映画史に挑むエンターテインメントの新境地がここにある。

その“愚行”は、あなた自身に突きつけられる。映像化不可能といわれた超問題作、遂に完全映画化!

STORY

エリートサラリーマンの夫、美人で完璧な妻、そして可愛い一人娘の田向たこう一家。絵に描いたように幸せな家族を襲った一家惨殺事件は迷宮入りしたまま一年が過ぎた。週刊誌の記者である田中
(妻夫木 聡)は、改めて事件の真相に迫ろうと取材を開始する。

殺害された夫・田向たこう浩樹 (小出恵介) の会社同僚の渡辺正人
(眞島秀和) 。 妻・友希恵 (松本若菜) の大学同期であった宮村淳子 (臼田あさ美) 。 その淳子の恋人であった尾形孝之 (中村倫也) 。
そして、大学時代の浩樹と付き合っていた稲村恵美 (市川由衣) 。

ところが、関係者たちの証言から浮かび上がってきたのは、
理想的と思われた夫婦の見た目からはかけ離れた実像、そして、
証言者たち自らの思いもよらない姿であった。
その一方で、田中も問題を抱えている。
妹の光子 (満島ひかり) が育児放棄の疑いで逮捕されていたのだ――。

理想的な家族は、誰に殺されたのか?それぞれの証言から浮かび上がる【人間の本性】とは――。

CAST

田中武志 ⁄ 妻夫木聡

1980年12月13日、福岡県出身。映画初主演となった『ウォーターボーイズ』(01)で人気を集め、『ジョゼと虎と魚たち』(03)では第77回キネマ旬報ベストテン最優秀主演男優賞を受賞。『悪人』(10)で第34回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝く。映画以外にドラマや舞台でも活躍しており、2006年「天地人」ではNHK大河ドラマ初出演にして初主演を務めた。その他の主な映画出演作に『マイ・バック・ページ』(11)『東京家族』(13)などがあり、2016年だけでも『家族はつらいよ』『殿、利息でござる!』『怒り』といった公開作が相次ぐほか、2017年には『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』『家族はつらいよ2』の公開も控えている。

田中光子 ⁄ 満島ひかり

1985年11月30日生まれ。『愛のむきだし』で多くの新人賞を受賞し、その後、数々の映画、ドラマ、舞台に出演。近年の主な出演作は映画『駆込み女と駆出し男』、舞台『100万回生きたねこ』、ドラマ『トットてれび』など。2016年10月29日から東京芸術劇場プレイハウスで舞台「かもめ」が上演。

田向浩樹 ⁄ 小出恵介

1984年2月20日、東京都出身。『パッチギ!』(05)に出演し注目を浴びる。その後も『リンダ リンダ リンダ』(05)『キサラギ』(07)『ボクの彼女はサイボーグ』(08)『ROOKIES –卒業-』(09)『シュアリー・サムデイ』(10)など話題作に多数出演。近年の主な出演映画に『ボクたちの交換日記』(13)『イン・ザ・ヒーロー』(14)『ジョーカー・ゲーム』(15)『十字架』(16)『シン・ゴジラ』(16)『ハルチカ』(17)などがある。

臼田あさ美 ⁄ 宮村淳子

1984年10月17日、千葉県出身。ファッション誌のモデルを経て女優デビュー。『色即ぜねれいしょん』(09)のヒロイン役で注目され、『キツツキと雨』(12)『鈴木先生』(13)『桜並木の満開の下に』(13)『さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~』(15)『グッド・ストライプス』(15)など映画のほか、「家売るオンナ」(NTV)「ママゴト」(NHK)といったテレビドラマでも活躍している。

稲村恵美 ⁄ 市川由衣

1986年2月10日、東京都出身。『呪怨』(03)で映画デビュー。『サイレン FORBIDDEN SIREN』で映画初主演を飾ると、『NANA2』(06)でもヒロインに抜擢される。以降『映画 クロサギ』(08)『ひゃくはち』(08)『TOKYO TRIBE』(14)などでキャリアを重ね、主演作『海を感じる時』(14)はロッテルダム国際映画祭に出品された。

夏原友季恵 ⁄ 松本若菜

1984年2月25日、鳥取県出身。2007年「仮面ライダー電王」で女優デビュー。『腐女子彼女。』(09)で映画初主演を飾り、映画やドラマに多数出演。映画の主な出演作に『ペコロスの母に会いに行く』(13)『はなればなれに』(14)『駆込み女と駆出し男』(15)『GONIN サーガ』(15)『×××KISS KISS KISS』(15)『ディアーディアー』(15)『屋根裏の散歩者』(16)『無伴奏』(16)などがある。

尾形孝之 ⁄ 中村倫也

1986年12月24日、東京都出身。2005年『七人の弔』で俳優デビュー。主な出演映画に『SPINNING KITE』(13)『マエストロ!』(15)『ピース オブ ケイク』(15)『やるっきゃ騎士』(15)『星ガ丘ワンダーランド』(16)『日本で一番悪い奴ら』(16)などがある。待機作に『3月のライオン』(17)がある。ドラマや舞台でも活躍しており、初主演舞台「ヒストリーボーイズ」で第22回読売演劇大賞優秀男優賞受賞。今後も主演舞台「怒りを込めてふり返れ」が控えている。

眞島秀和 ⁄ 渡辺正人

1976年、山形県出身。1999年、李相日監督作『青~chong~』の主演でデビュー。以降、映画やドラマでキャリアを築く。主な出演映画は『わたしのグランパ』(03)『69 sixty nine』(04)『血と骨』(04)『フラガール』(06)『HERO』(07)『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』(09)『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』(14)『くちびるに歌を』(15)『人生の約束』(16)など。

橘美紗子 ⁄ 濱田マリ

1968年12月27日、兵庫県出身。モダンチョキチョキズのボーカルを経て女優活動をスタートさせ、『血と骨』(04)『アンフェア the movie』(07)『半分の月がのぼる空』(10)『はじまりのみち』(13)『マエストロ!』(15)『ヒロイン失格』(15)『団地』(16)など数多くの映画に出演する。「重版出来!」(TBS)「ヒポクラテスの誓い」(WOWOW)などドラマ出演作も多く、声優やナレーターとしても活躍中。

杉田茂夫 ⁄ 平田満

1953年11月2日、愛知県出身。早稲田大学在学中から演劇活動をスタートし、作・演出家のつかこうへいによる劇団「つかこうへい事務所」旗揚げに参加。舞台「蒲田行進曲」での当たり役を深作欣二による映画版でも演じ日本アカデミー賞主演男優賞を初めその年の賞を総なめにした。近年の主な出演映画に『プリンセストヨトミ』『八日目の蝉』(11)『キツツキと雨』(12)『悼む人』(15)『モーニングセット、牛乳、春』(13)『ズタボロ』(15)などがある。

CAST

監督:石川慶

1977年、愛知県出身。東北大学物理学科卒業後、ロマン・ポランスキーらを輩出したポーランド国立映画大学で演出を学ぶ。短編作品の制作を中心に活動し、MoMA主催のNew Directors,New Filmsやシッチェス・カタロニア国際映画祭など、50以上の国際映画祭に出品。
札幌国際短編映画祭・脚本スペシャルメンション、黒澤記念ショートフィルムコンペティション佳作などを受賞。
日本とポーランドの合作長編企画『BABY』はプチョン国際映画祭企画マーケットでグランプリにあたるプチョン賞を受賞している。『愚行録』が長編映画監督デビューにして第73回ベネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門に選出される。

原作:貫井徳郎

1968年2月25日、東京都出身。早稲田大学商学部卒業。不動産会社勤務を経て、1993年に書いたデビュー作の「慟哭」が第4回鮎川哲也賞の最終候補に残り、50万部を超えるヒットとなる。2010年には「乱反射」で第63回日本推理作家協会賞、「後悔と真実の色」で第23回山本周五郎賞を受賞。「愚行録」「乱反射」「新月譚」「私に似た人」で直木賞候補に選ばれている。主な著作に症候群シリーズ、明詞シリーズのほか、「プリズム」「追憶のかけら」「悪党たちは千里を走る」「ミハスの落日」「灰色の虹」「ドミノ倒し」「北天の馬たち」「我が心の底の光」などがある。本作が初の映画化作品となる。

脚本:向井康介

1977年、徳島県出身。大阪芸術大学映像学科の卒業制作として作られた『どんてん生活』(99)に参加。以降『ばかのハコ船』(03)『リアリズムの宿』(04)などを発表し、『松ヶ根乱射事件』(07)で菊島隆三賞を受賞。近年の主な脚本担当作は『マイ・バック・ページ』(11)『ふがいない僕は空を見た』(12)『もらとりあむタマ子』(13)『超能力研究部の3人』(14・共同執筆)、『聖の青春』(16)、ドラマ「深夜食堂」シリーズなど。

音楽:大間々 昂

1988年生まれ。洗足学園音楽大学卒業。作・編曲を渡辺俊幸氏に師事。主な作品として映画『予告犯』、WOWOW連続ドラマW「予告犯 –THE PAIN-」、「メガバンク最終決戦」、日本テレビ ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」、フジテレビ ドラマ「ディア・シスター」(共同)、映画『万能鑑定士Q〜モナ・リザの瞳〜』(共同)、TBS日曜劇場「家族ノカタチ」(共同)、TBSテッペン!水ドラ!!「死幣-DEATH CASH-」、TVアニメ「ファンタシースターオンライン2ジ アニメーション」ほか。

撮影監督:ピオトル・ニエミイスキ

1978年、ポーランド・ワルシャワ出身。ロマン・ポランスキーやイエジー・スコリモフスキを輩出したポーランド映画大学を卒業。『Lek wysokosci』(11)でマンハイム・ハイデルベルク国際映画祭審査員特別賞を受賞。クシシュトフ・ザヌッシ監督『Foreign body』(14)の他、これまで携わった多くの作品でカメリマージュ国際映画祭の最高賞であるゴールデン・フロッグ賞(金蛙賞)候補となっている。

照明:宗 賢次郎

1977年、福岡県出身。照明助手として『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』(10)『ペコロスの母に会いに行く』(13)『テルマエ・ロマエII』(14)『好きっていいなよ。』(14)『龍三と七人の子分たち』(15)などに参加し、『もちつきラプソディ』(15)で照明技師デビュー。主な担当作に『ロマンス』(15)、『お父さんと伊藤さん』(16)、公開待機作に『幼な子われらに生まれ』『エルネスト』(ともに2017年公開予定)などがある。

美術:尾関龍生

1952年、京都府出身。テレビ業界を経て映画美術の道へ。『キッズ・リターン』(96)『HANA-BI』(98)『Dolls』(02)『座頭市』(03)『アウトレイジ』(10)など北野武組の常連スタッフでもあり、『殺し屋1』(01)をはじめ三池崇史組への参加も多数。その他の代表作に『ピンポン』(02)『少年H』(13)『キッズ・リターン 再会の時』(13)『明烏』(15)『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』(16)など。

録音:久連石由文

1970年、愛知県出身。主な録音・整音担当作に『色即ぜねれいしょん』(09)『月光ノ仮面』(12)『アフロ田中』(12)『アウトレイジ ビヨンド』(12)『今日子と修一の場合』(13)『男子高校生の日常』(13)『キッズ・リターン 再会の時』(13)『ルパン三世』(14)『ピース オブ ケイク』(15)『龍三と七人の子分たち』(15)『みんな好いとうと♪』(16)『湯を沸かすほどの熱い愛』(16)などがある。

PRODUCTION_NOTE

愚行を集める日々の始まり クランクイン~取材スタート

3月上旬、都内にて映画『愚行録』がクランクインした。原作の版元である東京創元社のフロアをお借りして、田中の週刊誌編集部でのシーンから撮影が始まる。今回撮影監督をつとめるピオトル・ニエミイスキは、石川慶監督と同じポーランドの映画大学で学んでいた。監督や演出部、撮影部とのやり取りは一部が英語で行われる。

そこへ田中役の妻夫木聡が現場入りした。田中が編集長に田向家殺人事件の取材企画を持ち込み、編集部内の会話から田中の妹が育児放棄の疑いで逮捕されていることが間接的に明かされるという、本作の骨格を物語るシーン。ここでの田中は言葉も態度も感情が抑制されているが、これが田中の基本的な姿でもあり、その本性は見えにくい。

しかし、この日はさらに同じ場所で映画後半の編集部でのシーンも撮られた。そしてこのときに妻夫木が提案した、新聞を荒っぽく置く仕草を見て「無表情だった田中が一人の人間になった感じがした」と石川監督は言う。じっと耐え忍んで生きてきたような田中の中に潜む凶暴性。監督の中でもモヤモヤとしていた田中像が固まった瞬間だった。

「カメラ!」「スピード!」「よーい、ハイ!」というこの現場での一連のかけ声も決まり、本番がスタートする。世の中にあふれる愚行の数々をカメラにおさめていく日々が始まった。

鍵を握る光子の“ある仕草”に込められた意思

田中の妹・光子はネグレクト=養育の怠慢、拒否の疑いで逮捕・拘留されていたが、自分の罪や娘の病状について現実を把握できていないような言動が見られ、弁護士に薦められて精神鑑定を受ける。平田満の演じる精神科医の杉田と診察室で向き合うシーンがそれだ。

対面して座ったままほとんど動きもなく一人で喋り続けることに、光子役の満島は当初不安もあったようだが、監督との話し合いで「昭和の女優さんみたいに黙って正対して、小さい子供が直立不動で近所のおじさんにその日あったことを報告しているように見えたらいいね」というねらいになった。満島はこのシーンについて「光子は人生で初めてあんなにたくさん人に話を聞いてもらえたんだろうな。それで嬉しくなっちゃったところがあるのかなと思いました」と語っている。

そんな中、光子の手だけは話しながら髪を耳にかけたり耳たぶをいじったりと、ときどき左耳に触れる動作を見せている。この場面でもし手が動くとしたら何か意味のあるものにしたいという監督の意向で取り入れられたが、それを満島が上手く膨らませ、光子の癖であるように本編中でたびたび披露している。「いろんな意味としてとれる仕草だと思うんですけど、光子の話自体も本当かどうかちょっと怪しい。これは本当の話なのかなと疑わせるサインが欲しいですねという話は満島さんとしました」と石川監督は言う。

女性には知られたくない男のホンネ

田中が事件の取材を開始して最初に訪ねたのは、殺された田向浩樹の会社の同僚だった渡辺である。田向と渡辺は同じ大学の出身で、気のおけない仲であったが、二人をつなぐもう一つのキーワードは「女」だった。その一端を垣間見られるのが会社の喫煙室での会話である。

狭い喫煙室に二人きりで向き合う田向役の小出恵介と渡辺役の眞島秀和。合コンで出会った女子社員とうっかり深い仲になってしまったものの扱いに困った田向が、渡辺を相手にその胸の内をカミングアウトしていく。

渡辺「つき合ってんの?」
田向「俺はそう思ってない」
渡辺「ええやん、つき合うたら。ええ子やねんから」
田向「だってお前、会ってその日にヤっちゃえる子って、やだよ俺。そんな軽い女」

小出と眞島を前に、両者の関係性や心情を細かく言葉にしながら確認していく石川監督。二人の距離感は「仲がいいほど意外と喋らないものだから、そんなにテンポはよくなくてもいい」とのこと。また、「お互いに相手が何を言うかわかっていて進めているような会話で、渡辺の言っていることは必ずしも言葉の額面通りではない」とも。そのニュアンスを加味しつつ小出と眞島がカメラの前で体現していくと、男の赤裸々な本音が交わされる独特の空気感に、石川監督も思わず「見ててニヤニヤしちゃった」とこぼす。男性特有の心理としてそういうものがあることは否定できないが、自分のしていることは棚に上げているのがずるいところであり、女性にとっては苦い事実。これもまた一つの愚行といえる。

学内カーストと女同士のマウンティング

夏原友季恵と淳子、その元カレである孝之は文應大学の同級生。名門大学である文應では付属の学校から上がってきた生徒が「内部生」と呼ばれ、大学から入った「外部生」とはスクールカースト的な閉鎖性が存在していた。外部生でありながら育ちや容姿がよく真っ先に内部生に「昇格」した友季恵と、そんな風潮から一歩距離を置いていた帰国子女の淳子は正反対のタイプ。二人が大学時代に同級生と会食するパブのシーンでは、孝之を巻き込んで女同士の水面下のバトルがバチバチと繰り広げられた。友季恵が連れてきた外部生の淳子から出身地や親の職業などを聞き出し、さりげなく、もしくはある意味あからさまに、淳子が自分たちの仲間に相応しいかどうかを査定する内部生たち。友季恵にとって自分の取り巻きにならず、また英語も堪能な淳子は、少なからずコンプレックスを刺激される存在だったかもしれない。死んでも口には出さないが。

そしてこのとき偶然同席していた孝之は淳子の恋人であった。それを知ってか知らずか、孝之のグラスにワインを注いだり笑顔を向けて距離を縮めていく友季恵と、少し離れたところから見ている淳子。このときの座席の位置や相手を見つめる目線のそれとない積み重ねもすべて計算され尽くされたカメラワークと演出である。友季恵と孝之の間に流れる親密な空気を鋭く察知した淳子の言葉には思わずトゲが入るが、そのことに気づきつつもさらりと受け流して淳子に軍配を上げる友季恵の返しはまさに洗練されており、見事としか言いようがない。そんな夏原にあっさり惹かれていく孝之を演じた中村倫也の無邪気な反応は、臼田と松本の巧妙な押し引きに比べるとはるかに単純で可愛げすら感じる。女同士の終わりなきマウンティング、これもまた愚行である。

兄弟の運命の行方は・・・・・・?

取材対象の証言によって現在と過去を行き来しながら、事件はだんだんとその全貌を見せ始める。この構成を効果的に見せるために、現代パートは基本的に暗部を強調したカメラ据え置きの映像、過去パートは色彩を強調した手持ちカメラという描き分けが採用された。撮影監督のピオトルいわく、ジャーナリストが社会のダークサイドを暴いていくところは『市民ケーン』(41)、語り口や映像のタッチ的には『ナイロビの蜂』(05)、兄妹の物語としては『SHAME-シェイム-』(11)などの作品を意識したそうだ。 そしてすべてが明かされる田中と光子の最後の面会シーン。透明の仕切り板を挟んで田中と光子が向き合う。スタンバイの後、セットの脇で監督と話し込む満島の姿があった。兄の田中に向かって語りかける光子の気持ちが定まらないのか、当初は言葉通りの気持ちが込められていた「ごめんね」という光子のセリフのニュアンスがまったく変わったように見えた。本番でいきなりそれを受け止める妻夫木。投じられたその一石は果たしてどのように写っただろうか。

    妻夫木 聡 満島ひかり 小出恵介 臼田あさ美 市川由衣 松本若菜 中村倫也 眞島秀和 濱田マリ 平田 満 原作:貫井徳郎『愚行録』(創元推理文庫)脚本:向井康介 音楽:大間々 昂 監督:石川 慶 企画・制作:オフィス北野 配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野

    2017.2.18 SAT ROADSHOW